コラーゲンのサプリメントの種類について

コラーゲンは、食事で十分な量を摂取するのが難しいものです。コラーゲンを含む食品を沢山食べたところで、体にはあまり吸収されないのです。これは、コラーゲンの分子が大きくて、せっかく食べても、体の中を素通りしてしまうことが多く、そのために起こる現象なのです。いっぱい食べても、補いきれない。どうしよう。ですが、それはサプリメントで補うことが出来ます。

サプリメントで摂取しても、体の中を素通りするのでは?と思うところですが、サプリメントになっているものうは、より効率よく吸収できるよう工夫がされています。それは「低分子化」です。低分子化されることによって、体内に吸収されやすくなるのです。そしてその結果、効き目も早く現われます。分子量が10分の1以下のものが含まれたサプリメントになると「低分子コラーゲン」という表記が見られるようになり、それよりもさらに細かく「超低分子化」したものも出てきています。

低分子化のものは肌にも入り込め、吸収もされます。さらに、サプリメントのメリットとして食品の状態で摂取すると、においが気になったりするものでも、粉末やサプリメントになっていると、気にならなくなるということがあります。おまけに食品より低カロリーなので、カロリーを気にする必要もなくなります。

原料の種類としては牛骨などを原材料とした動物性のものと海洋性のものがありましたが海洋性のものの方が質もよく、臭いもなく、動物性のもののように感染症などの問題点もないことから、最近では海洋性のものの方が主流になってきています。種類としては30種類あり、どれも体の新陳代謝に使われる重要なものです。この中でも特に「1型」と「2型」が美容や健康に必要なものとしてよく取り上げられています

。「1型」は、人の体内に多く存在するもので、人の体のたんぱく質の3分の1がこれにあたります。体の中の組織や器官をスムーズに動かせるために必要なものです。「2型」は軟骨を形成するのに大切なコラーゲンです。このコラーゲンは年齢によって減少していってしまいます。年とともに減ってしまうこの2型は美容にも関わってきます。サプリメントなどには「活性2型」というものもあります。

これは特殊な技術によって性質が変質していないコラーゲンのことを指します。分解などの処理をせずに抽出しているので、原料の持つ力を失うことなく、体に取り込むことができるサプリメントの表記です。関節などにすんなり入り込んで素早く吸収されてくれます。

コラーゲンのサプリメントが気になる年齢になってくると、肌のハリだけでなくコレステロール値などが気になってくる人も多いのではないでしょうか?そこで知っておきたいのが悪玉(LDL)コレステロールを下げる方法です。わかりやすく書いてあるので要チェックです。最初からムリせず出来ることを少しずつ継続していくのが大切です。